よくあるご質問

Q. <建築条件付>とは何ですか?

売買契約後に「一定期間内に住宅の建築請負契約を締結すること」を条件として、土地の売買契約を結ぶことです。 建築請負契約が成立しないと売買契約は白紙に戻り、それまでに支払った代金は返却されます。

Q. 銀行・住宅ローンの手続きもお願い出来るのでしょうか?

中澤不動産では一般的な金融機関はすべて取り扱っております。
もちろん、住宅ローン手続きも行いますが代行手数料はかかりません。
お客様に最適な住宅ローンをお勧めいたします。

Q. 分譲地の見学をしたいのですが、どうしたらいいですか?

当ホームページのお問合せのページから見学希望をいただくか、またはお電話にてお問い合せください。
住まい選びには、建物だけでなく交通や施設、学校など周辺の環境もとても大切です。
周辺もゆっくりご覧いただいて、じっくりご検討ください。

Q. 土地に古い家が建っていますが売却出来ますか?

現状のまま販売することは問題ありません。
但し購入者側からは、建物を解体し更地にした状態での引渡しを希望されることが増えています。
その場合、不動産売買契約後、引渡し日(残代金を受取る日)までに建物を解体し更地にして購入者へ引渡すことになります。

Q. 現在「月極駐車場」として貸しています。一応更地ですがこのままの状態で売却できますか?

大丈夫です、問題ありません。
但し、駐車場を借りていただいているお客様には契約が終了する旨をお伝え下さい。

Q. マンションの専有面積とは、どの範囲をいうのですか?

マンションの面積は、通常、専有部分の面積を指します。バルコニーなどの共用部分は含まれません。
物件によっては、パイプスペースやメーターボックスも専有面積に含まれる場合があります。
また、カタログなどに記載されている面積(壁芯面積)は、登記簿に記載されている面積(内法面積)と比べると広くなっている点にご注意ください。
壁芯とは厚みのある壁の中心線で測った面積、 内法(うちのり)は壁の内側部分の面積です。